週末の阪神対中日戦の感想

Posted by user. コメントは受け付けていません。.

昨日は阪神タイガース対中日ドラゴンズの第3試合が行われました。
この中日戦が交流戦明けの初の試合となるので、ぜひとも気合を入れて勝って欲しかったのですが
3試合を通して残念な結果になってしまいました。その3試合を振り返りたいと思います。

1試合目は終盤同点に持ち込み延長戦に突入しましたが、あと1本が出ず引き分けに終わりました。
せっかく選手が頑張って打って延長戦に持ち込めたとしても、
延長戦で力尽きてしまうと、もうどうにもなりません。2試合目も負けてしまいました。

なかなかダメ押しの1本が出ず、勝てませんでした。
昨日行われた3試合目では、序盤から先発の能見投手が打たれ過ぎでした。
かなり点数に差があいてしまい、点を取り返すことができませんでした。

阪神タイガースの傾向として、夏場になるとバテてしまい思うように勝てなくなるというのがあります。
他のチームはそんなことはないと思いますが、阪神の選手はどうも弱くて心配になります。
近頃は選手のエラーも目立ってきましたし、選手もかなり疲れているのではないかと思われます。

試合のない日は練習をするのでしょうが、休みもしっかり取ってもらいたいです。
とにかく打線の奮起を期待します。